So-net無料ブログ作成
検索選択

トヨタは誠実対応を=鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は24日夕、トヨタ自動車の豊田章男社長が同社の大規模リコール(回収・無償修理)をめぐる米議会の公聴会で証言することについて「真摯(しんし)に誠実に公聴会で対応されるべきだし、そのことを期待している。そうすれば、大きな日米の経済問題に発展することなく、トヨタに対する信頼が徐々に回復する可能性が十分ある」と述べた。首相官邸で記者団の質問に答えた。 

【関連ニュース
【動画】トヨタ社長、リコールで陳謝
【特集】トヨタ プリウス
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕美しすぎる市議 藤川ゆり
〔用語解説〕「豊田章男氏」

外相、米核戦略で緊密協議求める(産経新聞)
<新千歳空港>74歳男性が車で侵入 立ち入り制限区域(毎日新聞)
北近畿豊岡道事故、車の会社員死亡 分離帯ない片側1車線(産経新聞)
前原国交相「胆沢ダム談合情報あった」(産経新聞)
調査捕鯨提訴でNZ外相「外交的解決を優先」(読売新聞)

<小沢幹事長>「敗因は政治とカネ」認める 長崎県知事選(毎日新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長は22日夕、党本部で記者会見し、長崎県知事選で与党推薦候補が敗れたことについて「かなりの大差で負け、大変残念だ。首相のことは別にして私自身の不徳の致すところでご迷惑をかけ大変申し訳ない。(政治とカネが)決してプラスの要因に働いたはずはない」と述べ、自らの「政治とカネ」の問題が敗因だったと認め、陳謝した。

 一方で小沢氏は「国政選挙と地方選挙は有権者の意識も違う」とも述べ、参院選への直接の影響は否定した。「政治とカネ」の問題で鳩山由紀夫首相が小沢氏に対し、国民への説明を求めていることについては「全国をこれからも回っていきたいと思うので、その機会で疑問があれば答えていく」と述べ、衆院政治倫理審査会など国会の場で説明する考えはないことを示唆した。

 鳩山首相は22日夜、首相官邸で記者団に、小沢氏の進退について「私どもとしてはこの態勢で行く、ということだ」と述べ、改めて幹事長を続投させる考えを示した。「政治とカネ」の問題に関しては「どういう場であるかはいろいろあると思うが、それぞれの立場で丁寧に説明し、国民に理解してもらえるよう努めることに尽きる」と述べ、自身と小沢氏が今後も説明を続ける必要があるとの認識を示した。【念佛明奈】

【関連ニュース
小沢幹事長:「青木氏は役割終えた」…対抗馬の擁立会見
鳩山首相:「政治とカネ」で小沢幹事長に電話
民主党:政調組織「復活しない」 小沢氏、要望拒否
民主党:企業献金「禁止」を強調
町田市長選:小沢幹事長、異例の応援 逆風で危機感?

<学校資金横領容疑>元事務員2人逮捕、偽造領収書で 愛知(毎日新聞)
日歯連が民主候補支援へ転換 夏の参院選(産経新聞)
トヨタ社長の対応に苦言=米公聴会出席めぐり−前原国交相(時事通信)
インフル患者、3週連続で減少―全都道府県が定点当たり10未満に(医療介護CBニュース)
<火災>2幼児、遺体で発見 東京・練馬のアパート(毎日新聞)

10年度改定「現場にはプラスにならない可能性」―東京歯科保険医協会(医療介護CBニュース)

 東京歯科保険医協会は2月17日に開いたメディア懇談会で、4月の診療報酬改定について「現場には、さほどプラスにならない可能性がある」とした南條芳久政策委員長の談話を発表した。

 談話では、4月から歯科の診療報酬が2.09%引き上げられる点について、「月5万円程度(東京の歯科保険医の平均)の引き上げでは『歯科1年分の収入が外科1か月分にも及ばない』(社会保障審議会の水田祥代委員)と指摘された状況は、改善されない」としている。
 また、訪問診療や病院歯科には、それなりの手当てがされたとしながらも、「まだまだ不十分」と指摘。さらに、▽初診料引き上げにこだわるあまり、その他の項目は従来の枠内操作が目立つ▽麻酔など、長期にわたって据え置かれた項目は少しずつ引き上げられたが、その上げ幅は0.098%にすぎない▽導入された歯科技工加算も、歯科医師が即日修理を行うことが多い東京では活用できない―などと指摘した上で、「このままでは歯科医院倒産に歯止めをかけられない」としている。

■「600億円の財源を張り付けたとは思えない内容」―中川会長
 懇談会の席上、中川勝洋会長は「600億円の財源を張り付けたは思えない内容。今後も患者・国民に適切な医療が提供できるよう、粘り強く働き掛けていく」と語った。


【関連記事】
歯科改定率、「合格点じゃない」―東京歯科保険医協会
歯科診療報酬の大幅引き上げを−東京歯科保険医協会が決議
歯科医療費、「上がったという感覚ない」−東京歯科保険医協会
都内の保険歯科医院、1日1軒ペースで廃業
歯科の海外技工物調査で中間報告

「寄付金使い果たした」黒澤財団理事長が陳謝(読売新聞)
輸入ワクチン接種始まる=卵アレルギーの人ら−名古屋(時事通信)
福島県、プルサーマル計画受け入れへ(読売新聞)
普天間移設で首相「ベターでなく、ベスト探す」(読売新聞)
ノーベル平和賞 マータイさん、知恩院に桜の木贈る(産経新聞)

「この台出る」特別背任容疑=元パチンコ店員ら逮捕−兵庫県警(時事通信)

 パチンコ店でメダルの多く出る台を教えて店に損害を与えたとして、兵庫県警は16日、会社法の特別背任容疑で、福岡県久留米市津福本町、元パチンコ店店員矢ケ部法弘容疑者(32)ら4人を逮捕した。
 県警によると、パチンコ店店員に同容疑を適用するのは極めて異例。矢ケ部容疑者は店のスロット部門の責任者で、台の情報を知る責任ある立場だったと判断した。
 逮捕容疑によると、4人は共謀し2006年12月12日、兵庫県姫路市のパチンコ店に勤めていた矢ケ部容疑者が、メダルの出る確率を高く設定した台の番号などを他の1人にメールで送信、この1人を含む3人が情報を基にメダル計約1万枚(約20万円相当)を不正に取得し、店に損害を与えた疑い。
 矢ケ部容疑者ら3人は容疑を認め、1人は否認しているという。
 県警によると、被害総額は1500万円に上る可能性があり、同容疑者が見返りを受け取っていたとみて調べている。 

小沢氏、米国に注文「訪米するならそれなりの…」(産経新聞)
過労で寝たきり、会社に1億9千万円支払い命令(読売新聞)
政策会議の見直し検討 平野官房長官(産経新聞)
<雑記帳>元ラブホテルをネット公売…愛媛県(毎日新聞)
吉村参院議員が国民新入り=地元・福岡で表明(時事通信)

臓器提供しない意思の確認、家族への聞き取りなど3点で(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は2月18日、「臓器提供に係る意思表示・小児からの臓器提供等に関する作業班」(班長=新美育文・明大法学部教授)の会合を開き、「臓器を提供しない意思」の確認方法について、「臓器提供意思表示カードへの記載確認」「臓器提供意思登録システムへの登録確認」「家族への確認」の3点で足りるとの方向で合意した。

 脳死判定や臓器の摘出は現在、本人の生前の書面による意思表示があり、家族が拒否しない場合に認められるが、改正臓器移植法が7月に全面施行されるのに伴い、本人の意思が不明でも家族の書面による承諾があれば実施できるようになる。臓器移植を待つ患者にとって実現可能性が高まる反面、提供側の意思をどう取り扱うかが課題になっている。

 18日の会合では厚労省が、臓器を提供しない意思を確認する方法として、▽臓器提供意思表示カード(運転免許証など)の記載を確認する▽臓器提供意思登録システムへの登録を確認する▽家族に対し、本人の臓器提供に関する意思を確認する―の3点すべてを満たせば足りるとする案を示した。
 これに対し、町野朔班員(上智大法学研究科教授)が「合理的」との認識を示したほか、新美班長も「考えられる(確認の)ルートを全部探せというのは、不可能な話」と同調。原案への異論はなく、合意した。

 一方、臓器移植法を運用するための現行のガイドラインで「当面、法に基づく脳死判定は見合わせる」とされている知的障害者の意思表示の取り扱いについては、国会審議の中で、知的障害者が拒否の意思を持つ可能性を否定できないため、現行の取り扱いを維持すべきと法案提出者が答弁している。

 これに対して18日には、水野紀子班員(東北大大学院法学研究科教授)が、「(脳死判定の対象から外すのは)逆差別になる。(知的障害者は)われわれとは同じ次元には立てない人々ということになる」と述べたほか、町野班員も「障害者への差別観を助長する」と指摘。結論は持ち越しとなった。


【関連記事】
医師の被虐待児通報の指針づくりを―臓器移植作業班に提言
臓器移植、新規登録の4分の1が「親族優先」を希望
親族への優先提供でガイドラインを改正―厚労省
親族提供目的の自殺抑止規定を盛り込む―改正臓器移植法の指針
あて先ない「紹介状」の提供依頼に注意を―厚労省

暴走鉄道ファン、線路内で撮影し列車止める(読売新聞)
<火災>民家焼け、71歳女性が死亡 東京・世田谷(毎日新聞)
<高校授業料>滞納分を無利子で融資 厚労省が特例で(毎日新聞)
舛添氏らが勉強会発足(産経新聞)
<全日空>定期点検怠り欠航 羽田−三宅島など(毎日新聞)

外国人看護師候補者ら受け入れ施設、3分の1に減少(医療介護CBニュース)

 インドネシアとの経済連携協定(EPA)に基づくインドネシア人看護師・介護福祉士候補者の2010年度の受け入れについて、日本側の応募数が61施設(看護師コース26施設、介護福祉士コース35施設)と、09年度の198施設の3分の1にとどまったことが、18日までに分かった。

 日本側の求人は141人(看護師コース58人、介護福祉士コース83人)にとどまり、受け入れ上限数としていた500人の28.2%にとどまった。
 募集は今月5日の期限までに63施設から書類の提出があったものの、あっせん機関の国際厚生事業団(JICWELS)の書類選考で2施設が落選した。JICWELSによると、受け入れ希望機関側の書類提出の遅延などにより、今後数施設程度増加する可能性があるという。

 インドネシア人看護師・介護福祉士候補者の受け入れは、2008年度から開始。2年間で看護師候補者400人、介護福祉士候補者600人の計1000人を受け入れる予定だったが、実際には約半数の570人の来日にとどまっていた。来年度の来日者数は、マッチングの結果次第では141人からさらに減少する可能性がある。
 一方、インドネシア側で就労希望者の募集が1日から始まっており、今月末で締め切られる予定だ。
 受け入れ施設の応募数が減少した理由についてJICWELSの担当者は、「国内の雇用状況の悪化により、看護も介護も日本人が雇いやすくなっているため」と話している。

 厚生労働省は10年度、フィリピンとのEPAも含めた外国人看護師・介護福祉士の受け入れ事業に、09年度予算8299万円の約10倍にあたる8億6925万円を計上。新たに受け入れる施設に対しては、日本語学校などへの修学や派遣講師による研修を実施する上でかかる経費の支援を行うとしている。
 同省の担当者は「EPAは労働市場に影響を与えない範囲で特例的に受け入れるというもの」とした上で、「増やさなければいけないということではない」と話している。


【関連記事】
国試で読み仮名「考えていない」−EPA看護師候補者などで
外国人看護師候補者受け入れで実態調査へ―山井政務官
インドネシア人看護師候補者受け入れが難航
外国人医療・介護従事者の受け入れ推進を―法相懇談会
インドネシア人看護師候補者らの受け入れ条件改善を提言

自殺の容疑者を書類送検=離婚めぐり夫婦間で対立−居酒屋発砲事件・大阪府警(時事通信)
民主・小林千代美議員陣営の選挙違反、北教組捜索(読売新聞)
老人施設火災 理事長ら2人を逮捕 業務上過失致死容疑(毎日新聞)
<JAL>ドラえもんジェットが完成 報道陣に公開(毎日新聞)
<交通事故>雪道で正面衝突 母子死亡 栃木・大田原(毎日新聞)

マタギ魂“受け継ぐ”鈴木芙由子、“獲物”メダルは一発必中(スポーツ報知)

 バンクーバー五輪は、きょう14日(現地時間13日)決勝のスキー女子モーグルで、上村愛子(30)に金メダルの期待がかかる。

 その上村愛子と同じく大会2日目に登場する女子バイアスロン代表の鈴木芙由子(21、自衛隊)は、東北地方の狩猟者集団「マタギ」を祖父に持つことで注目を集めている。3年半前に亡くなった祖父・市蔵さん(享年85歳)は、「マタギ」を約40年続けた名手。マイナス10度にもなる極寒の冬山で巨大クマなどを追い続けてきたマタギ魂で、初の五輪に挑む。

 日本の伝統的狩猟文化を継承する「マタギ」の語源は、アイヌ語で「狩猟」を意味する「マタンギ」がなまった、鬼よりこわい「又鬼」、など諸説ある。鈴木の生まれた北秋田市はマタギ発祥の地として有名。山間を走る秋田内陸線阿仁地区には「阿仁マタギ駅」という無人駅があるほどだ。

 マタギ歴40年以上を誇る阿仁地区猟友会・松橋光雄会長(70)によると、戦後もマタギ集団は夏には農作物を栽培し、冬は山中で狩猟。クマの毛皮などを高値で売ったり、物々交換した。しかし現在は、農作物の被害などから農家を保護し、動物の生息数の増減を調査しながら活動。狩猟時期は11〜2月の間に限られる。秋田県内の猟友会員は2000人以上いるが、マタギだけで生活する人は1人もいない。

 従来、極寒の冬山へはクマの毛皮で作った羽織物をまとい、猟銃、やりなどを持って5〜10人で入山した。体重150キロ超のツキノワグマを仕留めた経験がある松橋さんは「クマは最大の獲物。冬眠前のクマ肉が脂がのってて、鍋で食うのが一番うめえ」と絶賛する。

 中学時代はスキー距離で全国3位、高校時代はインターハイ出場した鈴木。市蔵さんは06年6月、他界したが、07年4月に自衛隊入りし、射撃を始めた。4か月後には大会で勝利、国際大会でも優勝するなど抜群の射撃センスを発揮。あれよという間に五輪初出場を決めた。

 鈴木は「じっちゃ(祖父)の血のおかげかな」。松橋さんは「冷静に獲物を射抜くマタギの精神で、金メダルを射止めてほしい」とエールを送った。

 【関連記事】
バイアスロン代表がバンクーバー到着
井佐と鈴木が出発…バイアスロン
愛子、五輪開幕「金」1号だ!雨大好き…モーグル
ジャンプ公式練習で大斗がトップ…ノルディック複合
バンクーバー五輪 モーグル 上村愛子 調べる

「連隊長発言」再発防止へ、防衛相が指導(読売新聞)
<マータイさん>「KYOTO地球環境の殿堂」入り(毎日新聞)
「池子」一部返還 市長、国と交渉へ(産経新聞)
<五輪スピード>「静と動」で初メダル…長島選手と加藤選手(毎日新聞)
<訃報>中村鐵さん69歳=元電通副社長(毎日新聞)

警視総監が信金視察=振り込め詐欺対策−東京・巣鴨(時事通信)

将棋に女子高生名人 里見が「女流」奪取、2人目の10代2冠(産経新聞)

 将棋の清水市代・女流名人(41)に高校生棋士の里見香奈・倉敷藤花(17)が挑戦している第36期女流名人位戦五番勝負の第3局は、10日午前9時から東京・千駄ケ谷の将棋会館で行われ、午後5時、131手までで先手の里見が勝ち、3連勝で初の女流名人位を獲得した。現役女子高校生の女流名人誕生は、元女流棋士の林葉直子さん以来、2人目。

 10代(17歳11カ月)での女流名人獲得は、15歳で獲得した林葉さん、16歳6カ月の中井広恵女流六段に次ぐ史上3位の年少記録。10代の女流2冠は林葉さん以来2人目となる。

 里見は島根県出雲市生まれ。森●二九段門下で平成16年9月、プロである女流2級に昇級。20年に初タイトルの倉敷藤花を獲得、昨年初防衛した。タイトル獲得は通算3期となった。

 3月に高校を卒業する里見にとって、女流名人はプロとしての大きな目標。膝にはトレードマークともいえる青いタオルを置き、戦闘モードで女流棋界第一人者の清水に挑んだ。振り飛車党の里見は今シリーズも飛車を中央や3筋に振って戦う得意の戦法をとり、終盤の鋭い攻めから付けられた“出雲のイナズマ”の本領を存分に発揮した。

 里見は「目標だった女流名人になれてすごくうれしいです。プロになって約5年ですが、あっという間の気がします」と話した。

●=谿の谷が隹

【関連記事】
女流名人位戦、里見が先勝
里見が2連勝で倉敷藤花を初防衛
【EX GENERATION】神奈川大将棋部 「今年こそは」全国目指し熱く
“火の玉流”有吉九段引退へ 74歳の現役最年長棋士
上海で日本の将棋ブーム プロ制度目指す動きも

鳩山首相、「六幸商会」の株手放す(産経新聞)
<石巻2人刺殺>南部さん、大森さんの葬儀や通夜行われる(毎日新聞)
首相動静(2月7日)(時事通信)
ペット飼育小屋火災、犬70匹焼死…奈良(読売新聞)
上島珈琲キャンペーン中止 ツイッターで「炎上」相次ぐ(J-CASTニュース)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。