So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

南アW杯 ヨハネスブルクで祝祭沸騰(産経新聞)

 【ヨハネスブルク=白岩賢太】W杯開幕目前の南アフリカの中心都市、ヨハネスブルクでは10日、市民らが熱狂し、盛り上がりをみせた。国旗やサッカーのモニュメントなども各所に飾られ、街は祝祭ムードに包まれた。

 「ブオオーン」。ヨハネスブルク近郊にあるメーン会場のサッカーシティ周辺では、野生の動物の鳴き声のような重低音が響き渡った。道端に立つ人々が、プラスチック製のラッパ「ブブゼラ」を吹きまくる。南アではスポーツの応援で一般的に使われる楽器だ。

 サッカーシティの近くには旧黒人居住区、ソウェトが広がる。「バファナ・バファナ」。ズールー語で「少年たち」を意味するこの言葉は、国民的人気のサッカー南アフリカ代表の愛称でもある。広場に集まった子供たちがブブゼラを吹きながら連呼していた。

 空港内や市街地ではW杯出場国の国旗やモニュメントが飾られ、道路の真ん中では、南アの国旗をドライバーたちに売りさばく若者たちもいた。ビジネス街、サントン地区もお祭りムード一色に。高級ブランド店が並ぶショッピングモールの広場にあるカウントボードには「キックオフまであと1日」と表示がともった。W杯記念グッズも飛ぶように売れている。

<菅内閣発足>野党、警戒感強める…世論の支持高く(毎日新聞)
菅内閣が今夜発足へ 11閣僚が再任(産経新聞)
【なんてこった】論説委員・福島敏雄 「プチ禁酒」成功に乾杯!(産経新聞)
<APEC>閉幕 保護主義の抑止に向け閣僚声明も(毎日新聞)
ポケベル17個で救急10倍に 国立がん研究センター理事長・嘉山孝正氏(産経新聞)

お参り女子からサラリーマン山伏まで――スピリチュアルにはまる人たち(Business Media 誠)

 みなさんは「お参り女子」という言葉、耳にしたことがありますか? 「お参り女子」とは、パワースポットと呼ばれる寺社を巡る女性たちのことです。

 それらの寺社は週末になると「パワーをもらえる」「癒やされる」ということで、たくさんの女性で賑わいます。最近はテレビでもよく取り上げられることもあって、ますますその人気は高まっています。

 特に明治神宮内にある加藤清正公ゆかりの「清正井」の人気は高く、「この井戸の写真を携帯電話の待ち受け画面にすると、御利益がある」と多くの芸能人が述べたことで、今や順番待ちの列が絶えません。

 パワースポットとは、本来、エネルギーが集中している場所で、病気が回復したり、自己エネルギーを強化できたりする場所と言われていますが、実際のところ科学的根拠はないようです。

 それでも世界中、至るところにも存在しており、それだけ多くの人々の心を虜にする場所なので、何かしら意味があるところだと言えそうです。

●「縁結び会」を作った神社も

 本来、そういった神聖な場所へのお参りは、心静かに、そして願い事は口に出さない方がかなうと言われていましたが、お参り女子にとっては勝手が違うようです。友達とワイワイしながら楽しい感じでお参りするのがいいんだとか!?

 特に縁結関係の神社は20〜30代(中には40代も)の女性に大人気で、中には、神社がお見合いパーティを主催しているところもあるのです。

 特に有名なのは、浅草近郊にある「今戸神社」。縁結びを求めて、多くの方がご参拝するため、以前から「どなたか、いい方はいらっしゃいませんか」というご要望が多くあり、「縁結び会」を作ったそうです。

 御祈祷を受けた後に、自己紹介、そのあとフリータイムで連絡先交換をしてお開きという手順で会は進んでいきます。今までに多くのカップルが誕生したとか!?

 ただし、結婚紹介所ではないので、相手の身分を保障しているわけでも、相手の経歴や過去を知らせるわけでもなく、あくまでも会場を提供するだけなので、すべてが自己責任です。まあ、「神聖な場所では、正直な方しか参加しないわ」と信じたいですね(笑)。

 縁結神社を訪れる方の中には、結婚にそこまで真剣ではない方もいらっしゃるようで、とにかく友人とつるんだり、恋話に花を咲かせることが楽しくて参加する方も多いようです。ある意味、女子会などと同じような感覚なのでしょうね。

 神社サイドも、目的はどうであれ、とにかく神社に興味を持ってもらいたいと考えているところが多いようで、キティちゃんを始めとするキャラクターお守りを販売してるところも多くあるそうです。

●週末になると山にこもる「サラリーマン山伏」

 ところで、男性でも、週末になると山にこもる「サラリーマン山伏」なるものが出没しているそうです。ストレス社会の中でもみくちゃにされているサラリーマンが、山伏の格好で登山。彼らは心のよりどころを求めて山に登り、自然と人間との共生を体感することで、自分自身を見つけることができるそうです。

 今は空前のスピリチュアルブームと言われている時代。あわただしい現代、ストレスがたまり、心の空虚さが大きくなり、その癒やしを自然などに求めているのかもしれません。

 また、結局は自分自身で努力していかなくてはいけないと分かっていても、パワースポットなどのご利益にあやかって幸せになりたい、願望をかなえたい、成功を手に入れたいと思うことによって、これらが心のよりどころになり、厳しい日常に立ち向かっていけるのでしょうね。

 科学が進んだ時代にあっても人間は占いや手相、時には信仰などによって「心のよりどころ」を得ているものです。パワースポットも、こうした人間の本来の心が求めているものなのでしょう。(山田美帆)

【関連記事】
「素敵な●●姫へ……」――凄腕化粧品マーケターのこだわりとは
イメージアップにつながる、スーツの選び方
100メートル走の世界記録を生んだ色とは

無条件フォロー返しは危険! うっかりクリックで詐欺やウイルス(産経新聞)
<囲碁>上辺で激しい戦い 本因坊戦第2局(毎日新聞)
尖閣諸島は日本の領土=首相発言を修正―岡田外相(時事通信)
不正請求で訪問介護事業所など指定取り消し―徳島の2社(医療介護CBニュース)
口蹄疫猛威 子牛高騰、感染に戦々恐々 「ひとごとでない」秋川牛(産経新聞)

四條畷の女性遺棄事件で身元確認(産経新聞)

 大阪府東大阪市の葬儀関連会社で、元社員の浜地通栄(みちえ)さん(39)=四條畷市南野=とみられる遺体が見つかった事件で、四條畷署捜査本部は21日、遺体は浜地さんと確認したと発表した。

 遺体は今月18日、同社の倉庫で見つかった。司法解剖の結果、死因は首の圧迫による窒息死と判明。死亡推定日時は1月上旬だった。

 捜査本部は、浜地さんの上司で交際相手の川上敏彦容疑者(52)=死体遺棄容疑で逮捕=が殺害したとみている。

【関連記事】
「どないしてごまかそう…」交際上司、遺体隠し場所探し半日
大阪の女性失跡 死体遺棄で交際相手の会社役員を逮捕 
「離婚して一緒になる」 女性の願い暗転 大阪・四条畷の女性失踪事件
福岡切断遺体 質入れ腕時計で弁護人が関係否定
四條畷女性遺棄 川上容疑者「首絞めた」 交際の清算か
中国が優等生路線に?

【たけくまメモ 出張版】マンガ雑誌創刊の裏側 パチンコ連携で元を取る(産経新聞)
申し訳ない気持ち=口蹄疫拡大で農水相(時事通信)
フィッシング詐欺を見破ろう、学習サイト利用のススメ
「鳩山5月退陣」説 なぜかトーンダウン(J-CASTニュース)
<口蹄疫>カバと触れ合い中止 人気イベントお預け(毎日新聞)

<JR西>新型車両を公開 尼崎脱線教訓に安全性高め(毎日新聞)

 JR福知山線脱線事故(05年4月)を受け、事故時の衝撃を減らすなど安全性を高めた新型車両「225系」が完成し、JR西日本が17日、東大阪市内で報道陣に公開した。試験運転などを経て、今年度中に京阪神エリアの在来線で運行を始める。

 JR西によると、225系は先頭車両の前面と床部分を強化。踏切で車と衝突するなどした場合、衝撃を上部に逃がす構造で、乗客にかかる負担を従来の半分にできるという。側面の接合部なども強化した。また、つり手の数をこれまでの車両の約1.5倍に増やし、目立つオレンジ色で形状も大きくした。東海道線や山陽線の新快速電車などに導入される予定で、計226両、製造される。車両を企画したJR西の牧原弘・車両部担当部長は「事故を起こした企業の社員として、安全性向上を第一に考え、現在の技術でできる限りの対策を取った。これで終わりではなく、技術の進歩に合わせてより安全性を追求していきたい」と話した。【牧野宏美】

【関連ニュース】
質問なるほドリ:新型東北新幹線、高速の秘密は?=回答・矢澤秀範
EF510:JR旅客初の新型電気機関車を公開 寝台特急用
次世代新幹線「E5系」:東京駅に初乗り入れ
京成電鉄:新型スカイライナーを公開 国内在来線最速の160キロ
わたらせ渓谷鉄道:新車両の色4案、乗客に「選んで」−−9日から投票 /群馬

法政大高元2教諭を書類送検…修学旅行で体罰(読売新聞)
消費税の扱い、今後の議論=参院選公約で仙谷戦略相(時事通信)
<特別背任>PCI元社長ら 控訴審でも無罪判決(毎日新聞)
障害者団体発起人に有罪=村木被告共謀、実質判断せず−郵便料金不正・大阪地裁(時事通信)
沖縄 平和行進スタート 名護市長も出席(毎日新聞)

6カ月長女に暴行容疑、両親逮捕=ヘアアイロン押し当てる−福島県警(時事通信)

 自宅で生後6カ月の長女に暴行したとして、福島県警福島北署は9日、傷害容疑で、福島市笹谷の派遣社員奥村順介(22)と妻の店員理(22)両容疑者を逮捕した。同署によると、順介容疑者は容疑を認めているが、理容疑者は「夫がやったことで知らない」などと否認しているという。同署は詳しい動機や日常的に虐待があったかどうか調べている。
 逮捕容疑は2月中旬ごろ、自宅の居間で、長女の右足に高熱のヘアアイロンを押し当てるなどの暴行を加え、全治1カ月のやけどを負わせた疑い。 

【関連ニュース】
飲酒し自転車でひき逃げ=重傷負わせた男書類送検
女児虐待、母親再逮捕=浴槽に監禁容疑
ショッピングセンターに車突っ込む=客7人負傷、79歳の男逮捕
逮捕されても戦い続く=マグロ密漁妨害で出港へ
反捕鯨団体代表に逮捕状=妨害指示の疑い、国際手配へ

谷氏「やってみよう」 出馬決断は4月下旬 (産経新聞)
揺さぶられ症候群で重傷、父親に有罪判決(読売新聞)
広がる不信、怒る沖縄 首相の訪問に「ヤマチラカチ、ヌースガ」の声(産経新聞)
介護が政治に望むこと(3)「地域での小規模多機能、求められるのは当然」―小規模多機能連絡会・川原秀夫代表(医療介護CBニュース)
普天間、首相迷走に苦言=「重さ自覚を」−渡部氏(時事通信)

遺族ら現場で献花、冥福祈る=長崎市長射殺3年(時事通信)

 長崎市の伊藤一長前市長が射殺された事件から丸3年の17日、遺族らが事件発生時刻の午後7時50分すぎ、同市大黒町の現場を訪れ、献花し黙とうをささげた。
 現場は長崎駅に近い、雑居ビルなどが立ち並ぶ車の通りの多い場所。歩道上に白い布を掛けた献花台が置かれ、伊藤前市長が好きだったというヒマワリや、白い菊の花が台の上いっぱいに供えられた。遺族や親交があった人たちがじっと手を合わせ、前市長の冥福を祈った。 

【関連ニュース】
広島・長崎に五輪協力申し出へ=第五福竜丸母港の静岡県焼津市

<鳩山首相>高速道料金の値上げ幅圧縮を示唆 (毎日新聞)
データ改竄で解雇、元筑波大学院教授の請求を棄却 水戸地裁支部判決(産経新聞)
脳損傷リハ「患者中心のゴール設定を」(医療介護CBニュース)
「5月末決着」こだわる首相、真意いぶかる声も(読売新聞)
<事業仕分け>第2弾は47独法 JICA、入試センターも(毎日新聞)

昨年度の教員懲戒処分は37件 大阪府教委(産経新聞)

 大阪府教委は16日、平成21年度の教職員の懲戒処分が前年度より8件多い37件に上ったことを明らかにした。特に体罰による処分の増加が目立っており、府教委は17年度に作成した「不祥事防止チェックリスト」を夏休みまでに改訂するなど、再発防止に取り組む。

 懲戒処分の内訳は、免職7件▽停職7件▽減給14件▽戒告9件。内容は、体罰が前年度より8件増の14件と最も多く、放火や窃盗、盗撮など刑事処分を受けた件数も3件増えて7件だった。

 体罰では、児童を床に投げつけて前歯を折るなどしたとして、枚方市の市立小学校の男性教諭が停職6カ月の処分を受けて依願退職するなどの悪質なケースもあった。

 府教委は、懲戒処分の増加や、3月に府立高校の男性教頭(当時)が奈良県警に大麻取締法違反容疑で逮捕されたことなどを受け、府教委は不祥事防止チェックリストの改訂を決定。各学校に配布し、教員研修に利用してもらうことにした。

 体罰に関する処分の増加について、府教委は「残念。精神的にもダメージを与える体罰は根絶させなくてはならない」としている。

【関連記事】
殴るける、つまようじで刺す… 法政高校の教諭を異常な体罰に走らせた理由は? 
訪問13回も「懐に飛び込めず」行政が見逃した虐待死、3つの要因
体罰繰り返した教諭に戒告、京都市教委
神戸の児童自立支援施設で体罰 市が処分を検討
生徒に「常軌逸した」暴行の法政高2教諭を懲戒解雇処分

モスバーガーに64歳ナタ強盗…家なく金なく(読売新聞)
<訃報>宍戸隆典さん94歳=元陸将(毎日新聞)
漁港で車転落、男性死亡=仮眠直後? 、運転誤る−福井(時事通信)
厚労相に孤独死の全国調査実施を要請―千葉・常盤平団地自治会など(医療介護CBニュース)
山崎さん 「地球も、私たちも宇宙の一部」宇宙体験語る(毎日新聞)

静岡で新茶の初取引=生育遅れ単価2倍に(時事通信)

 新茶シーズンの本格的な到来を告げる「新茶初取引」が19日午前、全国の生産茶の約1割を扱う静岡茶市場(静岡市葵区)で行われた。3月末の冷え込みで静岡県内の茶園の約65%に霜が降り生育が遅れたことから、県内産新茶の取扱数量は前年を大幅に下回り、価格は跳ね上がった。
 市場には早朝から生産者や茶商ら約800人が詰め掛けた。取引開始のベルが鳴ると、買い手は新茶を手に取り、香りや色を入念に品定め。商談が成立するたびに「パンパンパン」と威勢の良い手締めの音が響いた。
 この日の県内産新茶の取扱量は約1300キロで前年の1割強にとどまり、初取引日としては1996年以来の低水準。1キロ当たりの平均単価は約1万1000円と前年(5336円)の約2倍となった。最高値は前年と同様、静岡市清水区両河内産「やぶきた茶」の10万円。 

JR西社長、再発防止策を報告=国交相「定着が大事」−報告書漏えい(時事通信)
春の園遊会 浅田さんら五輪メダリスト出席(毎日新聞)
参院大阪2人目に岡部まり氏=民主(時事通信)
駅でエレベーター停止、11人閉じこめられる(読売新聞)
<交通事故死者数>春の全国交通安全運動期間中は96人(毎日新聞)

NPOに評価基準=競争促す−民間検討会(時事通信)

 民間非営利団体(NPO)代表や研究者らでつくる非営利組織評価基準検討会は12日、NPOを評価する基準を公表した。望ましい団体を「エクセレントNPO」と呼び、団体間の競争を促す。鳩山政権が公共サービスを官民一体で担う「新しい公共」を掲げる中で、NPO全体の質の向上を図るとともに、市民が参加する際の判断材料を提供するのが狙いだ。 

韓国人ホステスに偽装結婚あっせん 44歳男を逮捕 (産経新聞)
ペット死体不法投棄容疑、業者の元町議を逮捕(読売新聞)
会期延長しない方針を確認 政府・民主党首脳会議(産経新聞)
法務省看板に朱色墨汁? 男の身柄を確保 警視庁 (産経新聞)
<皇室>悠仁さま、お茶の水女子大付属幼稚園に入園(毎日新聞)

ライター部品か、金属片二つ発見…4児焼死(読売新聞)

 北海道厚沢部(あっさぶ)町社(しゃ)の山(やま)で、函館市桔梗(ききょう)1の無職棚橋智也さん(24)の長女(3)らとみられる子供4人が死亡した車両火災で、道警が4日、車体などを検証したところ、ライターと見られる金属片二つが見つかったことが捜査幹部への取材でわかった。

 道警は出火原因との関連を調べている。

 検証では、車内から使い捨てライターの金具と見られる金属片が一つ発見された。

 さらに、火災現場の路上でも同様にライターのような金属片が一つ見つかった。一方、この日行われた遺体の司法解剖で、4人の死因は焼死と判明した。

 しかし、いずれも損傷が著しく、個人の特定はできなかった。

セクハラ相談員がセクハラ ハローワーク課長を処分(産経新聞)
長男虐待容疑で行司を逮捕=日常的に暴力か−千葉県警(時事通信)
<普天間移設>米国防長官「海兵隊は沖縄にいる必要がある」(毎日新聞)
<法勝寺>八角九重塔 時を超え広がるロマン /京都(毎日新聞)
国際ジャーナリストの大森実氏が死去(時事通信)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。